トップ>車両保険節約のポイント

車両保険料を抑えるための免責金額

「免責金額」とは、事故などを起こして保険を使う時に自己負担する金額のことをいいます。
例えば、事故によるお車の修理代50万円に対して保険でカバーしたい場合、車両保険金額を200万円、車両保険の免責金額を10万円で契約していれば、40万円が保険で支払われ、残りの10万円が自己負担になります。

※ただし、全損の場合は自己負担額はありません。

免責金額を高く設定すれば保険料を節約できる
免責金額は1回目の車両事故と2回目以降の車両事故の組み合わせで選ぶことができるようになっています。
免責金額を「0万円(1回目)・10万円(2回目以降)」で契約した場合と、「10万円(1回目)・10万円(2回目以降)」で契約した場合では、後者の方が保険料は安くなります。しかし、事故時の自己負担額は大きくなるのです。
免責金額の設定を変えることで保険料を節約することができますが、事故時の自己負担額は大きくなるので、バランスを考えて設定することをお勧めします。
組み合わせは保険会社によって異なります。
見積りパターンを変更して自分にピッタリの内容を見つけてください。


Copyright c g-pow.com. All Rights Reserved.